« ファンサカ第5節 | トップページ | ファンサカ第6節 »

2012.04.11

2012年J1第5節川崎戦「自信から確信に」

リンク: 1人退場者を出し押し込まれる展開であったが、森重が頭で起死回生の今季初ゴールを決めて勝利!.

川崎 0-1 FC東京

 徳永が言っていたこのコメントが、この試合の意味のすべてだと思うのです。

「FC東京の力を見せられたでしょ。これがFC東京です」

 前半はスタイルこそ違うけど、ほぼ互角の展開。ただ、東京の攻撃がちょっと改善されていたのが目に付いた。梶山がいない試合はだいたいショートパスに偏りすぎて、ピッチを広く使えない傾向がある。けど、この試合はサイドチェンジだったり、コーナーフラッグの方向へスペースを使ったり、長めのパスの比率がいつもより高め。

 これで布石を打っておいてから、裏へ走らせる攻撃が有効だった。羽生がここ数試合よりも生きた感じ。その途中で高橋やアーリアの横パスがかっさらわれたのは反省点だけど。

 あと、谷澤についてちょっとだけ。このメンバーだと前線で時間を作るのはルーカスと谷澤の役割。本来は梶山の役割だけど、いないときは谷澤は外しにくいんだよな。ビデオ見直すと高い位置ではそれなりに機能してんのね。ただ、低い位置に落ちてきた時に、他の選手は梶山と同じような感覚でボールを預けるのはやめた方がいいとは思うけどw

 後半こそが今年のFC東京の真価が出たのかも。アーリアが退場して、基本的には4-4-1なんだけど、米本が守備では効いていたので、攻撃時は人数を掛けられた。普通、10人のチームはあんなに前から行かずにブロックを敷くはず。あの運動量で中盤の数的不利をある程度は挽回できてたのは大きい。特にナオが極端に守備に追われることがなかったので、マイボールになった時に、ルーカスとのコンビで陣地を取り戻せたのはよかった。

 現地で見ていても、攻められてはいるけど、人数が少ない感じはあまりしなかったんだよな…。

 で、得点シーンは森重が凄いわ。真後ろから撮ってるエルゴラの写真を見てもらうとわかるけど、相手DFより頭1つ抜けてるからね。今のパフォーマンスなら、代表に呼ばれてもまったく不思議じゃないけど、あとは監督の趣味だからね…。

 これでリーグ戦は4勝1敗の3位。正直、うまく行きすぎの試合もあったけど、苦しい試合を勝ちに持って行ける地力が付いたのだと認めた方がいいのかもしれない。

 次の鹿島戦では苦しんでいる相手をきっちり叩く強者のサッカーを期待したいのです。

 それでは、採点です。

権田 7.0 神というより、自らの能力をフルに発揮してゴールを守りきった
徳永 6.0 攻撃は自重気味だったけど、1対1では負けない守備を披露した
森重 7.5 守備陣をきっちりと統率した。決勝点で攻撃力の高さも見せた
チャン 6.5 Jデビュー戦とは思えない。足元の技術も高く、安心できた
太田 6.0 前半は好クロスを入れていた。後半は守備重視にシフトチェンジ
高橋 6.0 守備は合格点。横パスのスピードが足りずにピンチを招くことも
長谷川 4.5 不用意なファールで2度目の退場。ボランチの守備は課題だ
石川 6.0 何度もあったチャンスを決めたい。決勝点のCKは見事だった
羽生 6.0 スペースへ動くだけじゃなく、ボールに絡んでチャンス築いた
谷澤 5.5 低い位置でボール取られる悪癖も、攻撃の起点にはなっていた
ルーカス 6.5 苦しい展開だったが、1トップでジェシとバトルを続ける

米本 6.5 パスはまだ怪しいが、守備力と運動量で数的不利を挽回した
田邉 6.0 難しい役回りだったが、左サイドできっちりと仕事をしていた
椋原 --- 時間短く、評価なし

ポポ 6.5 数的不利になりながら、米本投入で流れを相手に与えず、自分たちのサッカーをやりきった

« ファンサカ第5節 | トップページ | ファンサカ第6節 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年J1第5節川崎戦「自信から確信に」:

« ファンサカ第5節 | トップページ | ファンサカ第6節 »