« 明日の重賞 | トップページ | 罪と罰 »

2007.03.17

どうなる岩手競馬

リンク: 岩手競馬存続の可能性も.

 県議会で融資に必要な補正予算案が否決されて廃止の可能性が高くなっていた岩手競馬。盛岡市と奥州市が負担を積み増すことで県の負担を減らすという形で存続に向けて一歩前進らしい。

 廃止したところで、競馬組合の債務が帳消しになるわけじゃないから、結局誰かが負担しなけりゃならない。それに廃止になれば関係者への補償も発生するわけで。補正予算は否決したものの、すんなり廃止とはいかないのだろう。

 まあオーロパークをあの場所に、あれだけ金かけて作ってなかったら、こんなことにはなっていないのだろうが。

« 明日の重賞 | トップページ | 罪と罰 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなる岩手競馬:

» 岩手競馬廃止 再検討? [王様の耳はロバの耳]
岩手競馬廃止案提示を見送り 盛岡、奥州両市が新たな案(共同通信) - goo ニュース 何だか良く判らない経過を辿っている様に見えます 15日深夜岩手競馬存続に関し約330億円の負債を抱える競馬組合に約300億円の融資関連法案が否決された岩手県知事は「新年度は競馬は廃止の方向」と発言していた(報道を読んだ) {/hiyoko_cloud/} ところが盛岡、奥州両市が各10億円の負担を積み増す提案をしたら「岩手競馬を廃止する当初予算案�... [続きを読む]

« 明日の重賞 | トップページ | 罪と罰 »