« 2005年の一口出資馬を振り返る | トップページ | 2006年の一口馬主的展望 »

2005.12.29

東京大賞典を考える

 展開は前を見ながら競馬ができるシーキングザダイヤが恵まれそう。どれも勝ちに行く競馬になると、後ろからスターキングマン、タイムパラドックスの差し込みもありそう。

 シーチャリオットは勝つかもしれないし、不発かもしれないけど、2着とか3着はなさそう。

 ということで、1つはシーチャリオット頭の馬単。相手はシーキングザダイヤ、スターキングマンを中心に中央馬と地方の人気サイドへ。大穴ナイキアディライト。

 3連単はシーキングザダイヤを1着と2着の欄に置いて書いてみる。JBCで3着に人気薄が入ったので、地方馬の人気ないところを3着に押さえたい。該当するのはここのところ3連勝中のボンネビルレコード。アサティス産駒というのもいいですね。

 (12月30日追記)3連単当たりました。3着はベラージオだったら500倍はあったのですが…。そして最終の3連単も当たったのですが、1→5→2人気で決まって2840円しかなく取りガミ。ジャパンネットバンクの口座をずいぶん減らしてしまいました。競輪グランプリで取り戻さなくては…。

« 2005年の一口出資馬を振り返る | トップページ | 2006年の一口馬主的展望 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京大賞典を考える:

« 2005年の一口出資馬を振り返る | トップページ | 2006年の一口馬主的展望 »