« 店長とバイト | トップページ | カウンターに沈むとか、PKを外すとかならともかく »

2012.09.04

3バックは米本システムである(たぶん)

 東京流の3-4-2-1システムを2試合と半分やって、なんとなく分かってきたことがある。最初は「ビルドアップで高橋が落ちてくる形は、4バックでもやってたから一緒だよね」と思ってたんだけど、じっくり考えるとこのシステムは「ヨネを生かすためのシステム」であることに気付くのだ。

 で、まずは4バックで高橋が落ちてくる形。

Img_0212

Img_0214

 ゴールキックになると、高橋が落ちてきて3バックになる。で、両SBが高い位置をとる。ここまでは確かに最初から3バックの場合と変わらない(上図)

 でも、高橋が空けたスペースをどうするのかという話。基本的に両ウイングは落ちてこないので、梶山が落ちてきて最終ラインからのボールを受ける形が多くなる(下図)。サイドの上がりを待って、じっくり組み立てるしかない。ルーカスがサイドにいる場合は、絞ってきて組み立てることもあるけど、どうしても攻撃が遅くなりがち。ポゼッション率の割にチャンスが生まれにくい。

 そして、このフォーメーションだと米本を使う場所がないという欠点がある。いや、アーリアをサイドに出す手はあるけど、本質的にサイドプレーヤーじゃないからね…。

Img_0215

 で、横浜FM戦の3-4-2-1。最終ラインからの受け手はアーリアとヨネが受け持つ形。両ボランチの展開力はそれほどでもないけど、梶山を高い位置に置いておけるのが最大のメリット。うまく点線で囲った3人にボールを入れれば、両WBが上がる時間も作れるし、3列目からヨネが飛び出して数的優位を作ることができる。

 梶山もボールを捌くのではなく、よりゴールに近い位置で決定的な場面を演出できるわけで。

 広島や浦和の3バックはCBの攻撃参加がアクセントになっていて(森脇とか槙野ね)、基本的に前の3人と両WBの5人で攻めつつ、時折上がってくるCBに守備が付ききれない形を作るのが狙い。

 東京の3バックはどうもそんなにCBは上がらない決まり事があるような気がする。その代わりに機動力のあるボランチが飛び出していくのが特徴。特にヨネの超人的な運動量を生かすには、あまり前に飛び出さないことが求められる4バックのボランチより(東京はSBが上がるからね)、3バックでボールに食いつかせて、その勢いで攻撃参加できる方が向いてるのかも。

 今後も、梶山、高橋、アーリア、米本が揃う試合は3バックが優先されそう。この4人を併用するには、3バックの方が収まりがいいし。4バックで高橋をCB起用するメリットがあまりないという理由もあるんだろうけど(そのうち書きたいね)。

 久しぶりに、東京のサッカーについて書き殴ってみました。あ、チューハイとかマッコリ飲みながら書いたので、事実関係に多少の間違いがあるかもですw

« 店長とバイト | トップページ | カウンターに沈むとか、PKを外すとかならともかく »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/55576967

この記事へのトラックバック一覧です: 3バックは米本システムである(たぶん):

« 店長とバイト | トップページ | カウンターに沈むとか、PKを外すとかならともかく »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ