« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.23

鳥栖戦は家で見てました

 北九州戦を見た後は、天皇杯のFC KAGOSHIMAは見たけど、遠いアウェーには行けないし、岡山と横浜FCは締め切り直前で仕事中だったし、現地でまったく見られてない。

 今日はよくよく考えれば、日帰りで行けた気もするけど、おとなしく家で見てました。

 で、スカパー!の解説と実況が露骨に鳥栖寄りで面白かったなと。いや、いいんだけど、ローカル局の中継見てるみたいだった。せめて解説の倉田さんはここ何節かの東京の試合を見てから解説して欲しかった。

 鳥栖が前半から飛ばしていて、この日程だったら後半ばてるだろうなってのは、みんな思ってたし、鳥栖の攻撃はロングボール主体で(途中までは回すけど)、結局豊田に合わせるから、そこをケアしておけばOKという守り方に問題なかったから。

 あと鳥栖が真ん中に人数をかけて守ってきたのは確かで、そこへ前半は草民とかが突撃してうまくいってなかったのはテレビでも分かった。ハーフタイムに大熊さんが「サイドを起点に幅を使って攻撃すること」っていう指示を出していて、その意図を掴めないのは解説者としてどうかと思うよ…(後半20分頃に分かったみたいだけどw)。

 ということで、簡単に自分のツイートで試合を振り返っておく。

(試合開始)

いろいろ用事を済ませて帰ってきたらちょうど試合開始だったw
posted at 17:03:32

梶山は最近むっくんへのパスが強めになったな。昔は取りやすいパスが多かったけどw
posted at 17:10:35

(梶山は選手の力量を判断して、露骨にパススピードが違うのが面白いw)

まあ3試合目でそんなにプレスに行ったら後半持たないでしょうよ
posted at 17:13:57

(確かに鳥栖がガツガツ来てたけど、連戦の戦い方じゃないやね)

これ、解説だれ?
posted at 17:19:09

手を使うのは良くないお
posted at 17:20:12

ヤザーが目立たないとリズムが出ないな
posted at 17:27:16

(ヤザーがどの位置でボールを受けられるかというのは東京の調子のバロメーターになっている)

こんちゃんは次お休みか
posted at 17:30:14

実況で言われてるほどやられてる感じはしないんだけどな
posted at 17:33:00

(テレビの音だけ聞いてると、鳥栖がすばらしくて、東京がぼこぼこにされてるみたいだったのでw)

エリア内に入られてるわけじゃないからねー
posted at 17:34:37

CBの前に2人いるので、もう少し徳永とか使った方がいいのかも
posted at 17:37:26

今のはあぶなかった
posted at 17:37:55

(鳥栖の最大のチャンスは豊田が宇宙開発)

鳥栖の守備がうまいというか、真ん中に人数かけてるのは確かだけど
posted at 17:40:51

現地組よりテレビ組がイライラするTL
posted at 17:44:31

こっちはとりあえず0-0でいいって感じのボール回しだなーw
posted at 17:45:42

たぶん解説がなければ、そんなに悪くないw
posted at 17:47:21

確かにw RT @ogan1999: 東京のチャンスになると解説者ががっかりしてるw
posted at 17:48:34

@emizhenya @shiroani 徳島の時はやられてる感あったけども、今日はそれほどでもないような…
posted at 17:51:51

今日の主審だと前に突っかける選手入れて、誰かを退場に追いやるのが早いかもしれないw
posted at 17:55:01

@Ken_vt ヤザーのところにボールが入ってないのは気になってますけどね
posted at 17:57:06

それはそうだww RT @K__5: ホームクラブ応援コーナーってもう45分やってたじゃん
posted at 17:57:26

@Ken_vt あー、これはヤザーがPKゲットのパターンかw
posted at 18:00:59

(で、ここから後半)

そりゃ、中へ行きすぎだったからね。どうして東京の解説はしないのかw
posted at 18:13:26

(大熊さんのハーフタイムコメントの解釈をする解説の人。いや、だから、「幅を使う」って文字通りだから…)

早めにナオ投入か
posted at 18:14:28

ルーカスがちょっと足につかなかったなあ
posted at 18:15:27

ヤザーがいい感じでファウルもらえるようになってきた
posted at 18:17:27

あとはどこで仕留めるか。
posted at 18:20:47

今頃気づいたのかよw
posted at 18:22:03

(解説の人が、ようやく東京の意図に気付く。遅い)

前半、鳥栖は飛ばしてたからねー
posted at 18:30:03

イエローが大安売りだなーw
posted at 18:43:01

徳永すげーなw
posted at 18:44:50

セザーを走らせたらいいけどねー
posted at 18:47:17

蹴って終わりか
posted at 18:54:13

(ということで、スコアレスドロー)

2011.10.01

2011年J2第5節北九州戦採点「馬なり」

Dsc010990001

Dsc011000001

Dsc011030001

Dsc011040001

20110928205914_10001

リンク: 相手の厳しいマークに苦しみながらも、後半に2点をもぎ取り4連勝を飾った! .

FC東京 2-0 北九州

 さすがに味スタの平日開催だったので、ドロンパのお誕生日パーティーには間に合わず。平日とは思えないほど力の入ったイベントだったようでちょっと残念。まさか社長がコックになったり、運転手になったりするとは…。

 ここまでの3戦に比べて、北九州は守備が堅くて、前半は苦戦していたのは確か。守備では4-1-4-1のようなフォーメーションになるのは想定してたはずだけど、思ったより球際に激しく来たのは想定外だったのかも。ボランチに来るというよりは、ボールの出しどころになるルーカスと谷澤のところがターゲットになってた感じ。ボールはそれなりに運べるけど、最後のスイッチが入らないからシュートまでいけないと。それとセンターラインを越えると必ずボールホルダーへ来るから、東京にとってはうっとうしい守備になってた。

 まあ、だんだんと主審の判定がおかしくなってきて、後半は単純に荒い守備になってきちゃったのは残念。

 北九州の攻撃で危なかったのは、森重が蹴ったボールが高橋を直撃してカウンターになってしまったあれぐらいだったけど。東京も前線から守備には行けてたのでね。

 で、後半早々に取れた先取点が大きかったのは確か。なにせ東京はこの試合までの26試合で15失点しかしてないチームなので、先制すれば負ける可能性はほとんどない。相手チームにしてみれば、「きっちり守って少ないチャンスを生かす」という唯一のゲームプランが崩壊してしまうわけで。

 あとは主導権を握りながら2点目をどこで取るかという試合に。あの崩しは見事だったけど、もうちょっと早い時間で取れるとさらにいい(笑)。

 ここ数試合は安定した試合運びができている。選手が馬なりで勝手に走ってる感じ。うまく小平での調教ができていて、試合では大熊さんが大きな修正をしなくても、うまく自分のペースで走れている。特に守備が効いてるのが目立つ。切り替えも早いから、最終ラインまで攻め込まれる前に、草民や谷澤のあたりでボール取れることも多い。これが続く限りは堅い試合運びができると思うけどね。

 それでは採点です。

権田 6.0 前節とは違って大きなミスもなく、安定したプレーを続けていた
徳永 6.0 前半は右サイドからの攻撃を牽引した。惜しいクロスもあった
森重 6.0 パスミスもあったが、ボールを持って上がっていくのは効果的
今野 6.0 CBとしてはあまり見せ場のない試合。攻撃は自重気味だった
椋原 6.5 得点はあそこまで上がってきたことがよかった。採点は甘め
高橋 6.0 守備はしっかり行っていた。上がったときには課題が残った
梶山 6.5 きっちりボールを捌いてリズム作る。ボール奪取も目立った
田邉 6.0 ドリブルで簡単に抜くシーンが多い。累積で次節出場停止
谷澤 6.0 シュートへの積極性欠いたが、2点目はヒールで絶妙なパス
羽生 6.0 いつもほどは目立った動きなかったが、自分の仕事はした
ルーカス 6.5 前半はマークがきつかったが、後半はしっかりプレー

石川 6.0 攻撃のスイッチ役としてしっかり効果。あとは得点だけだろう
坂田 --- 時間短く、評価なし
永里 --- 時間短く、評価なし

大熊 6.0 ある意味でゲームプラン通りの試合だったかと。危ない場面は少なく、しっかり勝ちきった

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬