« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.29

戦術は梶山

 要は梶山をどこに置くかで、東京の戦術は変わる。

 千葉戦はトップ下。悪くなかったけど、米本の離脱もあって札幌戦は元のボランチに戻る模様。

 大熊さんはセンターラインにフィジカルの強い選手を置きたい意思が明らか。高松、セザーの2トップなら、梶山を2列目のアウトに置く選択肢はなくて、ボランチに戻すよね。1トップだったらトップ下の可能性もあったと思うけど。

 梶山がボランチに入ると、たぶん右に張り気味になるセザーへの大きな展開とか、達也を走らせるパスとか、千葉戦よりも大きな展開が増えるはず。これまでの試合では、谷澤を起点にした攻撃に偏りがちだったので、バランスはよくなるかも。

 ただし、梶山がゴール前までどんどん侵入することは考えにくいので、そこは谷澤や達也が絞ってくる必要がある。SBが上がるスペースもできるのでいいんじゃないかな。途中交代でPJ投入も楽しみ。

 まあ、攻撃は徐々に上向きだと思うので、明日は2点ぐらいは入るんじゃないかね…。と楽観的に言っておく(笑)

自転車のタイヤ変えました

交換後

Dsc00399

交換前

Dsc00396

 この写真だといまいちよく分かりませんが、700-28Cから700-23Cへの交換。標準装着のタイヤからの交換なので、それなりに軽量化にはなってる気はします。

 何を勘違いしたのか、用意していたチューブのバルブが短くて、慌ててディープリム用のチューブを近くのあさひに買いに走る羽目になったり(自社ブランドでしたが、中身はパナレーサーでした)、タイヤレバーが1本折れるとか、いくつか初心者っぽいトラブルが発生しましたが、作業自体は無事終了。

 ちなみにタイヤはミシュランのリチオン2。Amazonで2本セットを購入。色が赤なのは一番安かったから。本当は前後で青赤にすることも考えていたんですけどね」(笑)

2011.04.26

2011年J2第8節千葉戦採点「割り切り」

Dsc00332

Dsc00336

Dsc00358

Dsc00367

Dsc00370

Dsc00373

Dsc00376

Dsc00380

 皐月賞で5頭を挙げて、3頭が掲示板に載ったのに、馬券は一つも当たらなかったいおぞうです。こんにちは。

 フクアリではショックというか、笑うしかない結果になってしまいましたが。

リンク: 決定機は作るもののチャンスを活かせず。3失点で敗戦 .

千葉 3-0 FC東京

 試合を見ていた人はわかると思いますが、細々とした批評をするより「オーロイすげーな」という試合でしたね。

 それでも前半は両チームとも狙い通りの展開で進んでいた気がする。東京はオーロイに高さでは勝てない前提のもと、セカンドボールを拾う作戦もうまくやれてた。切れていた谷澤を中心にいくつかいい攻撃もあったわけで。

 後半に入ってロングスローから、規格外の高さで押し込まれた1点目がすべてという試合だったなと。自らのストロングポイントで勝ちきった千葉に対して、攻めきる形ができなかった東京の完敗だった。

 千葉のように割り切った戦い方をするチームはJには少ないけど、2部リーグでみんなが「いいサッカー」を追求するのもどうかとは思うし。簡単に点が取れる方法があるなら、それを狙うのは間違ってない。今回やられたミリガンからオーロイというホットラインはJ2では屈指の存在になりそうで、今年の千葉はやっかいだなと。折り返しの対戦では、オフサイドがないロングスローを入れられるよりは、FKやCKを蹴らせた方がいいかも。

 あえて言うなら高松→大竹という交代は、アウェイで昇格争いのライバル相手に0-0で後半30分過ぎという状況を考えると、ちょっと積極的すぎたような。千葉にはファン ゲッセルという190cmを超える選手も残ってたから、ノースを入れて高さ対策をする手はあった。椋原か巧に替えてSBに入れても面白かったかと。

 セザーのドリブルはこのレベルでも通用するのは分かった。どうやって戦術に組み込んでいくかは難しいところだけど。基本的にスペースがあった方が生きるタイプで、外に張りたがるから(そこから中に切り込むパターンはある)、1トップ向きじゃないし、中でボールを捌ける相方役の選手も必要。だから練習試合で見せるように大竹が合うんだろうな。ほんとはルーカスみたいなタイプ(いないけど)と組ませるといいのかもしれない。

 あとはいくつか気づいたことを。

 攻撃は平山が離脱してからの時間が少なかった割には整備されていたかな。あまり梶山にボールが入らなかったことや、調子の良かった達也を生かし切れなかったことは課題だけど、前線が流動的に動いて崩していく狙いは見えた。ここは試合を重ねればもっと良くなりそう。

 まあ、ボランチが米本、徳永という組み合わせだと、やっぱり展開力には欠ける。サイドチェンジで相手を広げておいて中央を突くという形は少なかった。これは梶山を1列上げた以上は仕方の無いこと。ヨネを軸に相手次第でボランチを組み替えていく考えがあったと思うけど…。

 米本が長期離脱必至で、ホベルトも怪我(?)でいないなら、守備ができる徳永は当面ボランチに固定されそう。平山不在の間は梶山を戻す考えは大熊さんにはないだろうから、羽生か高橋が穴を埋めることになるのかな。ボールが収まる選手を前に置きたいのが大熊さん。梶山の代わりに長いパスが出せる上里が使われないのは、おそらく監督が守備に不安を感じているため。小平の練習を一回見れば、それは監督の叱咤ですぐに分かる(笑)。大熊さんのボランチ選びは「守備型+相手に合わせて」という感じ。攻撃を重視する試合なら先発起用もありそうだけど。

 ここからゴールデンウィークで試合間隔が詰まってくる。戦術面でそう大きな手直しはできないが、なんとか勝ち点を拾っていかないと、どんどんプレッシャーがかかる状況になりかねない。まずは札幌戦できっちり勝つことが重要だろうな。

 それでは、採点です。

権田 5.0 1点目はともかく、2点目は何としても防がなければならない
椋原 5.5 深井にはほとんど仕事をさせなかった。攻撃も合格点だった
森重 5.5 うまくオーロイと相対していたが…。もっと縦パスを入れたい
今野 5.5 オーロイ以外には貫禄の守備を見せる。最後は前線に上がる
阿部 5.5 攻撃よりも守備に重点を置いた。開幕戦より安定していた
徳永 5.5 不用意に取られそうになる場面もあったが、守備は良かった
米本 5.5 あのシーンまではよくやっていたが…。怪我が軽いことを祈る
梶山 5.5 ボールが入れば脅威になる。ここにボールが来ないのが問題
谷澤 6.0 チャンスにことごとく絡んだが、決定的なシュートを外した…
鈴木 6.0 シュートまで行けていたし、もうちょっと引っ張ってもよかった
高松 5.5 怪我明けの公式戦としてはまずまず。前を向いて仕事したい

羽生 5.5 バランスを取る仕事。もっと攻撃的な位置で使いたい気がする
セザー 5.5 ドリブルは効いていた。あとはどうシュートを打っていくか
大竹 --- もっと見せ場を作らなければ、交代選手の意味がない

大熊 5.0 オーロイ対策はまずまずだったが、選手交代がうまくいかなかった。ゲームプランがちょっと甘かったかも

2011.04.23

いや、あの、皐月賞なんですけどね

 Jリーグ再開も重要で、もちろんフクアリまで行ってくるわけですが、競馬ではヤエノムテキ以来の東京開催の皐月賞があるわけで。千葉戦のプレビューはちょうのさんのところを見てください(笑)

 ただでさえ、地震の影響でローテーションが普通じゃない上に、東京開催ということで予想が難しくて、この雨でさらに難解に。土曜開催は軽い配合だとちょっと足りなくて、どこかにダート向きか欧州血統が必要な様子。開幕週で内が伸びるから、大外一気は難しい。

 人気はサダムパテック、ナカヤマナイト、オルフェーヴルの順。この中だと母父がカコイーシーズのナカヤマナイトに気がある。前走こそ差しの競馬だったけど、もう少し前にも行ける馬だし。

 人気無いところで引っかかるのは、リベルタス、デボネア、プレイといったあたり。リベルタスは前走の大敗で人気がた落ちだけど、本来の前に行って粘る形なら今の東京に合うと思う。デボネアは佐藤哲三が腹をくくって乗ればチャンスありそう。プレイは切れないけどばてない。勝ちきるとは思わないけど、3着以内の妙味は一番かも。

 あとは見くびられたラジオNIKKEI杯の勝ち馬ダノンバラードを買いたい。これは単に血統だけ。母レディバラードはダート7勝(交流重賞2勝)で、Unbridled×Haloというバリバリのダート血統。ここで買わないといつ買うのかと。

 馬券はこの5頭のボックスで。大穴なので馬連と3連複を少しだけ買います(汗)

2011.04.22

久しぶりに小平へ

 仕事に一区切りついて代休が取れたので、練習試合があった小平へ。

Kaji_2

持ってためるところと展開するバランスはいい。セザーの動き出しもよく見えてるし。

Yone

ヨネは相手選手と頭同士がぶつかって途中退場。おそらく脳しんとう。出血はなかったようだし、引き上げるときも肩を貸されてたとはいえ、自分で歩いていたので日曜は大丈夫だと思う。

Yaza

谷澤さんは、なんかラブリーな被写体ですねw

Yoshi

右ひざはぐるぐる巻きだけど、吉本も練習には来てるのね。

Roberto_2

3本目のセザー。「お疲れ」というより、自分の要求したところへパスがこないので、ちょっとイライラする場面も。

 木曜日は千葉戦に向けて、明治大学と練習試合。平山が欠けてどうかなと思ってましたが、十分やれるなと。

 大巨人対策は、フィジカルが強い徳永をボランチに入れて、CBとの連携で挟み込む形になりそう。ヨネと徳永の並びだとピッチの幅があまり使えないマイナスもあるけど、真ん中を崩されるよりはましという判断なのかも。上里が入ったら、大熊さんが「うえさとーーーー」って何度も叫んでたので(笑)

 攻撃は鳥栖戦よりは調子が上がってるのは確か。2列目に並んだ3人が流動的に動いていて、あれはつかみにくいと思う。梶山のトップ下はどうかなと考えてたけど、谷澤の近くに置くのはいいかもしれない。千葉相手でもチャンスはかなりの回数作れるはず。あとはシュート力だが…。

 初めて見たセザーは「大学生だと止められないね」という印象。凄く速いというより、守備がなかなか飛び込めない感じのドリブル。あれが後半から出てきたら、相手はそうとういやだろうな。パスを呼び込む声はずいぶん出てた。「ハニュー」とか。一回ボールを渡したらすぐにリターンをもらいたいタイプみたいで、梶山とはリズムが合いそう。ゴール前でもワンツーで崩したい感じが梶山と似ているw

 守備は高い位置を取るSBの裏のスペースが使われたのがちょっと気になった。二人とも小さいので、オーロイが流れてきて起点を作られると対策も必要だろうな。あとはそんなに気にならなかったけど。

 この日、小平にいたちょうのさんが「千葉に負けるイメージは無い」と自信満々だったけど、試合での主導権は間違いなく握れそう。東京にとっては面白い試合になると思います。

2011.04.05

エガちゃん、いわき市に行く

 江頭2:50がいわき市に物資を届けた話は明らかになってたけど、本人がそのいきさつについて語ったのが、復活したネット番組「江頭2:50のピーピーピーするぞ」。単なるいい話では終わらせず、ちゃんと最後に「汚名挽回」しているのがなんともw

 この番組、TFMでやってたころは見てたけど、最近はあまり見てなかった。でもやっぱりエガちゃんのトーク術は大したものだなと再確認。

2011.04.04

たまにはDVDも見てみよう

 買っておいたのに、見てなかったDVDを見たんですよ。「JリーグオフィシャルDVD FC東京 2010シーズンレビュー」。

 結果が分かってても、辛いシーンを見るのは、結構しんどい。一年通して見ると、途中から悪くなったわけじゃなく、最初からずっとあんな感じだったんだなと再確認。試合ごとに選手のインタビューが挿入されてて、またこれが重いというか、辛気くさい。仕方ないけど。

 積極的には薦めないけど、一回は見ていいかもしれない(汗)。

2011.04.02

久々に一口馬主に出資してみた

 年度末にちょっとした臨時収入があったので、2年ぶりに一口馬主に出資してみた。補償が残ってたのと、今年の1歳馬募集から補償がなくなるから、この趣味もどこまで続けられるか分からないのでね。

リンク: P17(アドマイヤムーン×アルフェッカ).

 ユニオンのロベルクランツ(牡2)。新種牡馬アドマイヤムーン産駒で、母は1200mで4勝した馬。血統的にはマイラーって感じ。選んだ最大のポイントは国枝厩舎に入る牡馬ということでしょうか(笑)

 現状では馬体がちょっと寂しくて430kgぐらいらしい。競馬に行くときにこれぐらいなら構わないけど、今の段階だと細すぎるかも。ただ、3月末には15-15まで乗れているので、身が入ってくればデビューまでそんなに時間はかからないかな。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬