« 第33節山形戦採点「正念場」 | トップページ | 降格という事実 »

2010.12.03

真摯に戦うということ

 最終節がやってきました。まさかこういう状況になるとは思っていませんでしたが。

 それでも選手は残留という結果を残すため、真摯に戦ってくれるはず。

 例年通り、東京は最終節がアウェイ。

 それでもスタンドにも東京から多くの人が駆けつけるはず。自分もその一人。

 選手と同じぐらい真摯に試合に向き合いたい。過去にはまだなにも成し遂げてないのに、浮かれちゃって大逆転負けを喰らった試合もあったから。

 FC東京に関わるすべての力を結集してJ1残留への道を自力で切り開きましょう。

« 第33節山形戦採点「正念場」 | トップページ | 降格という事実 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/50202618

この記事へのトラックバック一覧です: 真摯に戦うということ:

« 第33節山形戦採点「正念場」 | トップページ | 降格という事実 »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ