« 第30節横浜FM戦採点「大黒柱」 | トップページ | 第33節山形戦採点「正念場」 »

2010.11.25

川崎戦と名古屋戦が終わっていた

 今の職場は毎月23日ぐらいに締め切りが来るので、そこから1週間ぐらいは試合観戦が難しい。で、肝心な川崎戦と名古屋戦は現地で観戦できてない。まあ会社でうまいことやって、PCで試合をチラ見ながら仕事しても、ちゃんと進行すれば怒られないけどw

 ということで、この2試合はテレビ観戦。それもしっかり見たのは家に帰ってから。で、内容についてはあまり語ることはないです。

 残留争いが佳境に入ってきて、いろいろなことが研ぎ澄まされてきた感じが画面でもわかる。これまでの東京はカップ戦の準決勝以降ぐらいしか、あんまりそういう感じが見えなくて。リーグ戦だと次があるという感覚があったのかもしれないけど。さすがにここまで追い込まれれば、勝ち点にこだわった試合をせざるを得ない。今までもぬるいとは思わなかったけど、最近の試合と比べると淡泊というか、あきらめがよかったというか…。

 個人的には「勝ち点を取る」ことは、こういうことなんだなとようやくわかった気分。このテンションで1年間を戦い続けることは難しいかもしれないけど、そういう姿勢がシーズンを通して結果を残していくには重要なんだろう。

 残留が決まれば、この経験は来年(というか天皇杯も)に生きるはず。特に最近の徳永は人が変わったみたいだし。まずは次の山形戦に勝って、残留を確実なものにしたい(先に始まる神戸の試合で事実上決まってるかもしれないけどw)。

« 第30節横浜FM戦採点「大黒柱」 | トップページ | 第33節山形戦採点「正念場」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/50126826

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦と名古屋戦が終わっていた:

« 第30節横浜FM戦採点「大黒柱」 | トップページ | 第33節山形戦採点「正念場」 »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ