« このメンバーは、半年間、何の強化もできなかったということ | トップページ | 取り急ぎ新潟戦の動画と写真をアップ »

2010.05.13

J1第11節山形戦感想「解放」

 今年こそ行きたかった山形にも行けず、またもやテレビ観戦。これから遠距離アウェー行けるんだろうか?

リンク: 重松のワザありゴールを皮切りに今季初の3得点で勝利! .

山形 0-3 FC東京

 試合内容としてはここ2節と比べて、段違いに素晴らしかったかというと、そんな感じもしなくて。

 あれほど取れなかった得点なのに、この試合ではオフサイド気味に入った重松が股抜きシュートを決めちゃったり、ちょっとDFに当たって絶妙のコースに飛んだ羽生さんのシュートが入っちゃったり、なぜかCKで今ちゃんがフリーだったりするわけで。

 サッカーの内容は悪くないといいながら、点が取れなければ雰囲気は悪くなる。前節はシュートへの意識はあったものの、逆に無理筋のシュートが増えたり、絶好機でも力が入って自分達からゴールを遠ざけている印象だった。

 そういう意味で大きかったのは、小平でやったというリラックスゲームだったのかも。この試合、チャレンジする精神が出てきたのがテレビでも分かった。1点目はシュートを決めた重松はもちろんだけど、そこに走っているのを認識した松下やきっちりポストをこなした平山の貢献度は大。さらにいうと平山に当てた羽生の縦パスが良かった。このチーム、調子のバロメーターは羽生が攻撃に絡めるかどうかなんだよ。でも、羽生が攻撃できるからいいのか、羽生が守備に追われると良くないのか、どっちなんでしょうね。

 梶山が怪我の影響で先発回避。こうなるとワンタッチプレーが減り、慎重なパス回しに終始するのが最近のFC東京だったけど、この日は平山へシンプルに当てていく形が目に付いた。そして当てた後も人任せにするのではなく、2列目やボランチの選手が適度な距離感でリターンを受けていた。やればできるってことかw

 この3点差勝ちでチームの雰囲気は間違いなく良くなったはず。次節はホームに首位清水を迎えるわけで、勝って気分良く中断期間に入りたいなあ…。

« このメンバーは、半年間、何の強化もできなかったということ | トップページ | 取り急ぎ新潟戦の動画と写真をアップ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/48337480

この記事へのトラックバック一覧です: J1第11節山形戦感想「解放」:

« このメンバーは、半年間、何の強化もできなかったということ | トップページ | 取り急ぎ新潟戦の動画と写真をアップ »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ