« ナビスコカップ第7節清水戦採点 「鉄砲玉と若頭」 | トップページ | 今日のエルゴラの間違い »

2009.06.16

金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい

 録画しておいたナビスコカップ最終節を見直した。

 勝っている試合で終盤ばたつくのは、単純に「DFラインに高さが足りない」という理由もありそうだなー、と思ったりして。

 2点目を取った直後に、長沢に危ないヘディングシュートを打たれたけど、あのときマッチアップしていたのは椋原。身長差は20cmあるから、ああいうミスマッチを作られると苦しい。ブルーノはまずまず大きいけど、平松も176cmしかないし(セットプレーは強いが)。CKの守備だと、梶山が前に立って弾き返す役割を担っていて、正直、苦しいなーと。

 7月にはナビスコカップ含めて3試合対戦する名古屋は、194cmの豪代表FWケネディを補強するわけで、高さ対策は不可欠。

 だって、仮に「今のDFライン」対「平山、カボレ、石川、そーたん(羽生)」で戦ったら、平山が凄く機能しそうなのは、簡単に想像できるわけで。

 ここは佐原に奮起してもらわないといかんだろうなあ…。

« ナビスコカップ第7節清水戦採点 「鉄砲玉と若頭」 | トップページ | 今日のエルゴラの間違い »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/45358280

この記事へのトラックバック一覧です: 金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい:

« ナビスコカップ第7節清水戦採点 「鉄砲玉と若頭」 | トップページ | 今日のエルゴラの間違い »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ