« サッカーの前に競馬の話 | トップページ | 第12節横浜FM戦採点「与FKの少なさ」 »

2009.05.18

長引かないといいが

 1対1の強さで守れる梶山を欠くと、フィジカルで押し込まれたときに劣勢になる傾向があるからなあ…。

リンク: 梶山 左足首重傷 5月は無理:365日FC東京.

 横浜M戦で左足首を痛めた梶山。大きく腫れ上がったくるぶしは、一夜明けても変わることはなかった。この日、クラブハウスを訪れた梶山は、左足を引きずりながら歩くのが精いっぱい。城福監督は悲痛な表情で「皮下出血しており、靱帯(じんたい)を痛めている」と状態を説明した。

 こうなると足首の靱帯損傷なのは明らかで、どこまで重いのかという段階。重度だったり切れちゃってるとかなり長引くはず。怪我した直後にまだ動いていたので、そこまで酷くないといいのですが…。

 ちなみに自分はサークルでアメフトをやっていた大学時代に右足首の靱帯を切ってしまい、修復手術をしたことがある。あの時は密集で数人の下敷きになり、「ポキッ」って音がして骨折かと思ったぐらい。普通のねんざじゃないのは自分ですぐに分かるので、土曜日の梶山の様子を見ると、いやな感じがする。

 保存療法ではなく手術に踏み切ったのは、足首がぐらつく感じがするのと、運動によっては痛みが出るんですよね。サポーターで固めていても前後左右の細かなステップワークが辛いというか。ボールを蹴るサッカー選手だともっと大変だと思われ。

 当面は羽生をボランチで戻して凌ぐことになるのかも。復帰時期次第ではDFラインを含めた再編が必要になりそう。茂庭か佐原が監督の信頼を取り戻せれば、今野をボランチに戻すことができるのだが…。

« サッカーの前に競馬の話 | トップページ | 第12節横浜FM戦採点「与FKの少なさ」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

テニスボールほど腫れたというコメントで、うわぁ・・切れたのか!と思いました。
梶山の懐の深さは腰位置の高さと足首の柔らかさがあるからだと思うので、無理して故障が慢性化するのは避けて欲しいです。

CBをやる前は今ちゃんのボランチも良かった様な記憶があるので、
ここはもじゃもじゃの人とさらさらの人にがんばってもらわないとです。

>しましま猫さん

今の東京が梶山のチームであることは確かなので、長期離脱だけは避けてもらわないとなりませんね。本人はすぐにでも復帰したいようですが…。

本当にもじゃもじゃの人とさらさらの人には頑張ってもらわないと。多摩川クラシコのCMに出ている人は相手チームを含めて呪われているような気がします(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/45051018

この記事へのトラックバック一覧です: 長引かないといいが:

« サッカーの前に競馬の話 | トップページ | 第12節横浜FM戦採点「与FKの少なさ」 »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ