« 上位チームとの対戦終了 | トップページ | 犬飼はもう終わってるね »

2008.11.10

本気で「優勝するぞ」と言ってみよう

 「3連勝で逆転優勝」といろんな人に言い続けてみようかと。言霊っていう存在は、この商売をしていると、信じざるを得ないpen。3連勝したら、本当に何かが起こりそうな予感は感じているのだが…。

 前田治さんのブログには、こんな記事がありました。

とにかく 優勝するには これから先は1つも落とせないあせる

チーム一丸となって これまでやってきたことを信じて

やるだけだが!! 

後は メンタルの問題が一番大きいと思うグッド!

 選手のコメントをトーチュウや携帯サイトで読んでいる限り、上位争いへの意欲は高い一方で、思ったよりも冷静な感じ(羽生や石川)。優勝争いに舞い上がることなく、メンタルは充実しているようだ。監督が優れたモチベーターということもあるのでしょうが。

 で、残り3試合の対戦表。

チーム

勝ち点

32節

33節

34節

鹿島

54

大分(A)

磐田(H)

札幌(A)

浦和

53

清水(H)

G大阪(A)

横浜FM(H)

名古屋

52

京都(A)

札幌(H)

大分(A)

大分

52

鹿島(H)

柏(A)

名古屋(H)

川崎

51

G大阪(H)

神戸(H)

東京V(A)

FC東京

51

神戸(A)

新潟(H)

千葉(A)

 表にしてみると、有利不利は言いにくい。直接対決は2試合しかないけど。今年は優勝争いだけでなく、ACL圏内を巡る争いや残留争いも混戦で、モチベーションが低いチームが少なく、下位チームは「勝ち点1は絶対に持って帰る」という狙いの試合が多いはず。

 得失点差ではFC東京は不利なので、順位を上げるには勝ち点で上回ることが必要条件。3連勝すれば勝ち点は60。2位以下のチームが勝ち点60未満で終了の可能性は十分ある。勝ち点60には鹿島は2勝1敗、浦和は2勝1分けで届くけど、それ以下のチームは2勝では届かず、3連勝が不可欠。3位以下のチームは6位FC東京とほとんど変わらない状況ということだ。

 問題は鹿島なんだが、32節の大分-鹿島で大分が勝つようだと、優勝ラインが下がり、最終節は2005年みたいな状況になりそう。引き分けよりは大分勝ちの方がいいと予想(3位狙いなら鹿島が抜けた方がいいけど、そんな弱気でどうする!)。再来週はFC東京の応援と同時に西の方角に念を送りましょう。

« 上位チームとの対戦終了 | トップページ | 犬飼はもう終わってるね »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/43061474

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で「優勝するぞ」と言ってみよう:

« 上位チームとの対戦終了 | トップページ | 犬飼はもう終わってるね »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ