« 赤嶺のシャー | トップページ | 漂流する日本代表 »

2008.03.28

チームが壊れる時

 バーレーン対日本は、日本時間で遅いキックオフだったのでテレビ観戦しましたが、ほめる部分がほとんどなくて困ってしまう試合でした。

 ただでさえ純粋なCBタイプの選手は中澤だけなのに、なぜか採用された3バック。中盤の人数を増やして、繋ぐサッカーをする狙いかと思いきや、変哲もない長いボールを前線に蹴り出すだけで、点が入りそうな雰囲気がまったく感じられない。最終ラインから長いボールを巻に当てて展開なんて練習やってるわけないし。中村憲が展開しようにも、動きが少ない上にサポートもないから、いいボールが出るわけない。

 交代も山瀬→遠藤は納得だけど、サイドの選手を入れ替えただけの安田→山岸の狙いが分からないし、最後はスペースないのが分かってるのに、スピードタイプの玉田投入。あの展開なら田代を入れて、どんどん放り込んだ方が確率高かっただろうに。

 この試合の結論は、オシムが作ってきたチームはすっかり解体されたということに尽きる。あのサッカーには、選手の懸命な走りもなければ、美しさもなかった。

 東アジア選手権と直前のドバイ合宿と準備期間はあったのに、何をやりたかったのか、さっぱり分からないのが悲しい。

 今からでもズデネク・ゼーマンあたりを呼べないものか…。

 U-23の方は録画しましたが、見たのは長友がアシストしたシーンだけ。土曜日にでもじっくり見ます。

« 赤嶺のシャー | トップページ | 漂流する日本代表 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/40660614

この記事へのトラックバック一覧です: チームが壊れる時:

« 赤嶺のシャー | トップページ | 漂流する日本代表 »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ