« たまらんね | トップページ | 車内広告にも出てましたが »

2008.03.16

第2節新潟戦採点

新潟 2-3 FC東京

 前半の3得点に関してはいうことなし。ワッショイを何回余計にやったんだ?(笑)。それぐらいスタンドは心が動いてました。「モニ蹴っちゃうのかよw」(19分)とか、「長友、あのFKは何だw」(33分)ぐらいの余裕もあったわけで。

 後半は東京のサッカーに付き合ってもらえず、幅を広く使われたり、縦に長いボールを入れられて、バタバタしてしまう。前半からあれだけ飛ばしたら、スタミナ切れは仕方ないか。もうちょっと遅い時間の失点だったら、蹴ってしまって、試合を壊してしまう手もあったけど。

 終わった直後の「勝ち点3」「良く耐えた」「塩田」コールは、まさにスタンドで見守っていた自分たちの心の叫びでした。

 ビデオ見直すと、2点取られてからの新潟の攻撃も手詰まり気味。浅利が地味に効いてるし、高いボールは吉本が競り勝っていた。 

リンク: F.C.TOKYO 前半早々に奪った3点を、チーム一丸となって守り切り、アウェイで今季初勝利をあげる.

 ということで、採点です。

塩田 6.0 2失点はシュートが良かった。その他は安定
徳永 5.5 あそこは振り切られないように頑張れ
吉本 6.0 高さで心配しなくていいのはうれしい
茂庭 6.5 高さは任せて、自分の仕事をしっかり行う
長友 5.5 悪くないが、ちょっとバタつくシーンも
梶山 6.0 1点目の起点となるパスはラブリーでした
今野 6.5 開幕戦より良かった。2試合連続ゴール
羽生 6.0 ビデオで見ると、本当に良く動いている
石川 6.5 今年は何かが違う。周りもよく見えている
エメルソン 7.0 前半の攻撃を牽引。前からの守備も
カボレ 6.0 詰めていたのはさすが。後半スタミナ切れ

浅利 6.0 疲れたチームを落ち着かせた。職人芸
川口 6.0 信男さんはいつもの信男さん。よく走った
赤嶺 --- 時間短く評価なし

城福 6.0 後半、逆襲された時に、うまく交代選手を使って、なんとか持ちこたえた。前後半のマネジメントが課題?

 昨日、迷っていた羽生とカボレですが、羽生は0.5プラスして、カボレは0.5下げました。羽生はもう少し前目でボールに絡んで欲しいかな。裏を狙った時にまだボールが出てこないことが多い感じ。

 カボレは思ったよりボール収まってない。その分エメルソンが走り回っていたけど。後半足が止まっったし、まだコンディションがないのかも。献身的なプレーという点では、現時点では平山に分がありそう。

 梶山は変なところでボールを取られる悪癖が出たけど、低い位置からピッチを広く使えるのは梶山しかいないし、苦しい時にゆるゆるとキープしてくれていたというのも事実。不在時に備えてブルーノや池上を試しておく必要はありそう。

 あとは両SBの攻撃参加がちょっと少ないかなと。CBもそうなんですけど。Moving footballの最後のピースですから。

 代表のスケジュールがよく分かっていませんが、A代表は20日、23日のナビスコカップは両日不在で、U-23代表は20日は出場可能で、23日だけ不在ということでいいのでしょうか? 栗澤や金沢といった現状で割を食っている選手が頑張ってくれることでしょう。

« たまらんね | トップページ | 車内広告にも出てましたが »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

この試合、録画放送を見忘れて、なぜ今ちゃんがあの位置にいたのか確認出来ず仕舞いでした。

ニュースのダイジェストでは謎のまま 笑
しかし、あのチェックは見事でした。

セットプレーかなんかで、今ちゃん残ってたんですよね。確か。

あのボールを追いかけていくのはなかなかできないのですが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/40511899

この記事へのトラックバック一覧です: 第2節新潟戦採点:

« たまらんね | トップページ | 車内広告にも出てましたが »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ