« 会社で叫びそうになったww | トップページ | さて明日は神戸戦なのだが »

2007.08.30

この例えには無理がある(笑)

リンク: 平山似フジ猛時計64秒1/札幌記念.

 実のところ、走りには迫力があったが、これほど時計が速いとは感じなかった。そのあたりを同師は「大跳びだから速く見えなかったのだろう。平山君が走っているようなもの」と解説する。サッカーの平山相太(22=FC東京)は1メートル90と日本人離れした体格の持ち主。大股のため走りの1歩が大きい。のそのそと動くように見えながら、ゴール前の急所に一瞬で現れるのはそのためだ。大股でスローに見えるが実は速い…。サッカー界の大器とフジの間には意外な共通項があった。

 アドマイヤフジの追い切りに対する橋田調教師のコメントなんだが、さすがにこの例えには無理がある(笑)。平山そんなに速くないし…。

 どっちかというと、「体が大きいのに生かし切れない」とか「大きい割に意外と小技が得意」といったタイプだからなあ。と書いている自分は結構平山好き。

 あ、でも広島戦のひらひらパフォーマンスは個人的にツボ。今度、点を取ったらスタンドもひらひらしてみるのはどうだろうか(汗)。新たな東京名物になるかも(ならないな…)。

« 会社で叫びそうになったww | トップページ | さて明日は神戸戦なのだが »

「サッカー」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/16287759

この記事へのトラックバック一覧です: この例えには無理がある(笑):

« 会社で叫びそうになったww | トップページ | さて明日は神戸戦なのだが »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ