« 赤嶺復活へ | トップページ | 「渡し場男」が出現 »

2007.06.13

パシオン放牧、スプートニク帰厩

 ま、タイトル通りなんですけど、500万を勝ち上がったマイネルパシオンはリフレッシュ放牧に出て、スプートニクは調整が終わり帰厩ということ。パシオンは戦績からも1000万下でやれるはずだけど、コースと展開には注文がつきそう。放牧中に馬体を維持するのがポイント。前回は酷い状態で帰ってきたので…。スプートニクは平地を叩いて入障だろうけど、1つは勝てるといいな。

 最近は2歳馬のデビューが早かったけど、今年のファインビューは今の調整ぶりだとちょっと時間が掛かりそう。馬体が牝馬にしては巨大なので、年内にデビューできれば御の字か。

 で、相変わらず社台/サンデーの募集を迷っている。応募状況を見ないことには決められないけど(出資実績が格段に劣るので…)、関西の良さそうな厩舎に入る予定の牝馬3頭でうまく抽選を通れば出資という戦略になりそう。1/40だと額が大きいので、仮に走らなかった場合に後悔しない選択肢を選ばざるを得ないよ…。

« 赤嶺復活へ | トップページ | 「渡し場男」が出現 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/15412942

この記事へのトラックバック一覧です: パシオン放牧、スプートニク帰厩:

« 赤嶺復活へ | トップページ | 「渡し場男」が出現 »

最近の記事と写真

flickr

一口出資している馬

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター

Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

Googleで検索



無料ブログはココログ