« 岡山一成が社台で実習の謎 | トップページ | 有馬記念を考える・その3 »

2006.12.22

有馬記念を考える・その2

 展開を考えると、アドマイヤメインが引っ張る一本棒、上がりの遅い馬場、去年はハーツクライが押し切り、という条件から、ディープインパクトは完全な追い込みというよりはまくりになりそう。

 でも、デルタブルース、ダイワメジャー、コスモバルク、メイショウサムソン、トウショウナイトなど先まくりを打ってきそうなメンバーが多くて、うまく内から合わされると力の差があっても不発があるな(競輪なら(汗))。

 かといってその後ろから追い込んでこれそうなのはスイープトウショウぐらいだけど、今の中山の馬場では…。

 さて結論がなんとなく見えてきた気がしますが、あとは最終回で。

« 岡山一成が社台で実習の謎 | トップページ | 有馬記念を考える・その3 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/13165026

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念を考える・その2:

« 岡山一成が社台で実習の謎 | トップページ | 有馬記念を考える・その3 »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬