« クオーターバック、能検合格 | トップページ | 家本がついに… »

2006.09.12

競馬を見始めたのはミスターシービーだった

リンク: ミスターシービーで3冠 吉永師が死去.

 競馬を見るきっかけを作ってくれたのが、ミスターシービーだったので、なんといっていいのか悲しい気持ちになってます。

 さすがに当時中学1年生だったので馬券を買うことはなかったのですが、テレビで見た菊花賞のレース振りは素人目にも破天荒で、「競馬って凄いな」と思わせるのに十分でした。ああいう競馬をする馬と騎手に巡り会わなかったら、競馬にどっぷり浸かることはなかったかもしれません。

 その後シンボリルドルフに負けるレースを何度も見せられたことや、初年度産駒でシャコーグレイドが皐月賞2着(勝ち馬はシンボリルドルフ産駒のトウカイテイオー)になり、枠連1-8をがっつり取ったことなど、忘れることはないでしょう。

 競馬が今とは違った意味で「騎手の時代」だった頃の名ジョッキーでした。ご冥福をお祈りします。

« クオーターバック、能検合格 | トップページ | 家本がついに… »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/11865971

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬を見始めたのはミスターシービーだった:

« クオーターバック、能検合格 | トップページ | 家本がついに… »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬