« ガーロ後任は倉又さん | トップページ | うちの馬たちの近況 »

2006.08.16

まずまずの試合で勝利

アジアカップ予選 日本 2-0 イエメン

 オシム監督になって初めての公式戦は、たぶん新聞などには「辛勝」とか書かれるけど、「こんな感じの試合になるかな~?」と多くのサッカー好きが予想した通りの試合内容になった。端的に言うと攻めあぐねてセットプレーから得点で何とか勝つみたいな。

 ジーコの時は最初から最後まであまり変化がなかったのが特徴だったけど、オシムのサッカーは流動性を重視するので、ある程度の経験が必要。正直まだまだ馴染んでない選手が多かった感じ。三都主も前半は与えられた自由を持てあまし気味だったし、遠藤ももっと動かないとね。

 後半に入って羽生を投入して流れが変わった。阿部が最終ラインに入った3バック(本当は闘莉王が上がるので坪井、阿部の2バック気味)にしたことで、三都主が無駄に中でうろうろしなくなり、左右からクロスを入れていく形が明確になった。羽生が左右に流れて相手を1枚引きつけてくれるので、空いたスペースを田中達が使う形も見られた。まあ相手は攻めてこないので、もっとアイデアを出していく選手がいてもよかったが。

 試合後の監督インタビューでもあったように、これからも「頭を使ったプレー」が求められていくことになるのでしょう。

« ガーロ後任は倉又さん | トップページ | うちの馬たちの近況 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/11467711

この記事へのトラックバック一覧です: まずまずの試合で勝利:

« ガーロ後任は倉又さん | トップページ | うちの馬たちの近況 »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬