« このフレーズに馬鹿負けした… | トップページ | そしてサンデーR募集馬を考える »

2006.06.03

まずは社台TCの募集馬を考える

 まだカタログは届いてないけど、Webにはカタログが出ているので買える範囲の馬を見ている。

 社台TCでは、まずはメヤディーニの05(牡・2000万、戸田)だろうな。フレンチデピュティ産駒だと脚元に不安がありますが、馬体から受ける印象はまずまずいいんじゃないでしょうか。血統はアップルマティーニの下というか、薗部さんが持っているバーチャルフォトンの下(汗)。血統はダート向きだけど芝でもやれそうな感じ。問題はこの値段だとまず1位指名で抽選になること。実績50万しかないので抽選枠に入らないとだめだろう…。

 グレイトフィーヴァーの05(牝・1800万、加藤征)もいいと思うけど、1月2日生まれなので良く見えるのかも。あとはファルブラヴがどうかなという感じ。エリシオと似た感じだとちょっと難しいか。今の東京みたいな芝だったら向きそうだけど、さすがに2年後のことは分からん(汗)。

 あとはリージェンエトランジェールの05(牝・2000万、松永幹)かな。Fusaichi Pegasusの持ち込み馬。Mr.Prospectorの2×3という強烈なクロスを持っていて、母父がCarson Cityだからダート馬の可能性が高そう。関東オークスを狙うならいいかもしれん。厩舎もちょっと注目。

« このフレーズに馬鹿負けした… | トップページ | そしてサンデーR募集馬を考える »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/10378749

この記事へのトラックバック一覧です: まずは社台TCの募集馬を考える:

« このフレーズに馬鹿負けした… | トップページ | そしてサンデーR募集馬を考える »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬