« 日本戦の予想 | トップページ | どうせなら全員やるか? »

2006.06.13

愛はなくても絶望はある

 今、都内某所から帰り着いたところ。とことん疲れました…。前の記事でも書いたように代表について書く意味を感じないのですが、さすがに記録として残しておこうかと。

日本 1-3 オーストラリア

 前半途中までは会社でロケフリをチラ見で観戦。後半は場所を都内某所のこの人の新居に移して大画面リアプロでこの人この人と総勢7人で見る。

 ゲームのペースは終始オーストラリア。前半に中村の幸運なゴールで先制するも、後半39分にロングスローからのこぼれ球をケーヒルに押し込まれ同点。さらに44分にはバイタルエリアでフリーになったケーヒルがフリーで打ったシュートが左ポストに当たって吸い込まれ逆転。さらにロスタイムにはアロイージに冷静に決められ完敗。

 普通、中村のああいったゴールが決まれば勝つわけですが、それが1-3の逆転負けというのがなんとも。川口もあれだけ当たっていたら3点は取られないと思うのですが…。1点目の失点は試合中にはあること。あれを批判するのは簡単だけど、「こういうのもあり得る」と思うのが健康的。問題は2点目。どうしたらあそこでケーヒルに簡単にフリーでミドルを打たれるのか? 落ち着いてからもう少し考えてみたいと思う(今はすごく眠いし(笑))。

 それにしてもジーコには1-0できっちり終わらせるゲームプランがなかったのでしょうか。坪井→茂庭の交代は負傷なので仕方ないけど、柳沢→小野は不可解。あそこは手堅く守備的に行くのが常道だと思いますが…。稲本あたりを投入してゆるゆるになっていたバイタルエリアをケアさせるという考えはあのおじさんにはなかったんだろう。

 今日の試合に関していえば、監督の差がはっきりと出た試合。ケネディ、ケーヒルと意図のある選手交代を行ったヒディングに対して、小野、(ロスタイムに)大黒じゃ策がないといわれても仕方がないかと。

 次のクロアチア戦は勝つしかなくなったので、4バックもありそう。アクセントを付ける選手が欲しいところですが、松井はいないんだよな…。

« 日本戦の予想 | トップページ | どうせなら全員やるか? »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

一緒にいた「コノ人」のひとりです。本当にお疲れ様でした!結果よければ全てよし・・だけに交代メンバーの差が出てしまったのは救いがたいほどの要因になってしまいましたね。怖いのは今後のことを二の次にしたメンバー編成だけにここでいい結果をだせないと何のための大会なのかわからなくなってしまうことですね。32チーム制になって初戦黒星で決勝ラウンドに進んだチームはトルコだけで確率は4%らしいのですが、なんとか意地をみせてほしいと思います。とりあえずは現地にいくのでクロアチア戦は勝ってほしいっす。

昨日(っていうか今朝)はおつかれさまでした。残ったメンバーは3時過ぎに解散になりました。

さっきスカパー!のデイリーニュースを見てましたが、試合後のプレスルームは相当殺伐としていたようで「ジーコ辞めろ」みたいな雰囲気があったとか、なかったとか…。

クロアチア戦はしっかり見てきてください。たぶん現地でしか分からない雰囲気はあると思うので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/10503830

この記事へのトラックバック一覧です: 愛はなくても絶望はある:

» Skype経由で“ロケフリ [skype マジコン 設定情報 四葉のクローバー]
Skype経由で“ロケフリ”を実現するUSBチューナー発売――ノバック  ノバックは7月7日、Skypeのビデオ通話機能を用いて遠隔TV視聴を実現するUSBチューナーユニット「どこでもTV for Skype」を発表、7月14日より発売する。価格は9800円(税込み)。( [続きを読む]

« 日本戦の予想 | トップページ | どうせなら全員やるか? »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬