« やっぱりササですよ | トップページ | 予想はうまいな、馬券はともかく »

2005.10.16

もう一度秋華賞を考える

 このレースの特徴は血統面でサンデーサイレンス産駒があまり来ないこと。勝ったのはスティルインラブだけだし、3着までに2頭以上が入ったのもその年のアドマイヤグルーヴとの1回だけ。そしていかにもじりっぽくて切れ味勝負だと厳しそうな馬が穴になるのが例年の傾向。エイシンカチータに始まり、ブゼンキャンドル、クロックワーク、トーワトレジャー、ヤマカツリリーあたりがそうですね。トニービンが特注だったのですが、もういません(笑)。

 ◎がニシノナースコールは変わりませんが、ジェダイトかオリエントチャームが穴になりそうな感じがしてきました。ということでこの3頭の組み合わせから広く買ってみることにします。

« やっぱりササですよ | トップページ | 予想はうまいな、馬券はともかく »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23120/6424119

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度秋華賞を考える:

« やっぱりササですよ | トップページ | 予想はうまいな、馬券はともかく »

Googleで検索



Amazon


  • サーチする:  
    Amazon.co.jp のロゴ

ちょっと気になるもの


  • ソニーストア

  • M2 コンピューターミュージックモニター
無料ブログはココログ

flickr

一口出資している馬