2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

flickr

2019.06.05

2019ユニオン募集馬検討中(2)

ということで2019年のユニオン募馬馬を写真も見ずに引き続き検討中です。

モーリス産駒は考えておく必要がありそうなので、モーリス×ジャジャマーチャンの牡を候補に。嶋田牧場生産で栗東・清水久厩舎予定。総額3000万円。

Jajamachan

ジャジャマーチャンはスプリンターズS勝ち馬アストンマーチャンの全妹。未出走で繁殖入りしてますが、トオヤリトセイト(牡3・父ドリームジャーニー)がアーリントンC3着と活躍。この馬がセレクトセールで3996万円だったので、モーリス産駒に変わって3000万円はお買い得かも。兄弟馬の成績が徐々に上がっているのは高ポイント。

「まずは短距離走れる」という当たりの法則を満たしそうなのは、ロードカナロア×バーバラの牝。キヨタケ牧場生産で栗東・小崎厩舎予定。総額2400万円。

Barbara

母はユニオン募集のオープン馬。感覚的には出資馬サラドリームと近い感じ。即満口にならないようなら、夏の小倉でデビューできるぐらいの感じで進むのを確認できたら喜んで買いたいところ。大外れに終わることはないと思いますが…

最後にちょっと気になってるのが、オルフェーヴル×ビジョナリーの牝。白井牧場生産で美浦・相沢厩舎予定。総額900万円。

Visionary

オルフェーヴル産駒でこの激安価格は訳ありなのではないかという不安があっても、近親がそれなりに走っていて、兄弟馬もロードカナロア、ヴィクトワールピサ産駒だから、期待されてる繁殖のはず。兄弟馬はセリでの落札価格が血統ほどではないのは気になりますが…。

あとはカタログとDVD見てから検討します。

2019.06.04

2019ユニオン募集馬検討中(1)

ユニオンオーナーズクラブの2019募集馬の価格が発表になったので、少しずつ検討を開始しました。

いろいろ考えるところはあるのですが、値段見て最初に気になったのがこの馬。American Pharoah×ホワットアスポットの牝。持ち込み馬で服部牧場生産。栗東・高柳厩舎予定。価格は総額2600万円。

Whataspot

American Pharoahの初年度種付け料20万ドルを考えると、無料提供みたいなものです(違)。この血統構成ならディープインパクト系に付け放題というメリットがあるから、繁殖として確実に戻ってくるクラブへ提供されたのかもしれません。ユニオンなら即満口にはならないような気がしますので、今年初年度がデビューするAmerican Pharoah産駒が芝向きかどうかを判断してからでも遅くないかも。

次はやっぱりディープインパクト×ナスケンアイリスの牝ですかね。桜井牧場生産。美浦・手塚厩舎予定。総額4800万円。

Naskeniris

半兄に出資馬ゴルトマイスターや南関で勝島王冠や大井記念を勝ったモジアナフレイバーがいる血統。ダート色が強い母系にディープインパクトで芝対応が可能なのか。長期的に成長を見守りたいところではありますが、そんな余裕はないかも。今年の人気馬でしょうし…

開業から好調の栗東・上村厩舎予定がミッキーアイル×エアパスカルの牡。総額2100万円。生産はグローリーファームですが、提供は坂本智広牧場となってます。

Airpascale

母エアパスカルは2008年のチューリップ賞勝ち馬。産駒は全く走ってないのですが、初めてサンデーサイレンス系の種牡馬を付けて変わり身があるのかどうか。サンデーサイレンスの3×3もなかなかチャレンジングですけど、母父ウォーエンブレムでリスクは緩和されてる気もします。実馬を見たい一頭です。

疲れたので残りは明日以降にw

2019.02.24

単焦点デジカメ

RICOH GR III

GR IIIが正式発表になりまして。さてどうしたものかと。

単焦点のデジカメは、買っては手放すの繰り返し。APS-CになったGRも買った。富士フィルムのX70も買った。でも結局手元に残ってるのはRX100M3だったりする。

まあ、RX100M3が残ってるのは、ズームがあるのもそうだけど、単純に小さいってのも大きい。カメラは持っていかないと撮れないので。「スマホがあるから今日はいいか」って思うと使わなくなる。カバンの片隅に入って邪魔にならないのはとても重要。

平日は夜の写真を撮ることが多いから、高感度強いか、手ぶれ補正があるかも重要。

GRはお世辞にも高感度強くなくて、手ぶれ補正もないし、AFも微妙だったので、ちゃんと撮らないといけなくて、使いこなせずに手放した。X70は画質的にはよかったのだけど、普段使いするにはデカいのと、どうしても馴染めないフジのUIがネックで手放した。

GR IIIは小さくなって、手ぶれ補正入って、AFも良くなった模様。確定申告でふるさと納税分が戻ってくると思えば、資金もなんとかなりそう。もう一度単焦点にチャレンジしてみるのかなあ…。

2019.02.20

あたたた

火曜日はユニオンの休養馬情報が更新される日。

ルドルフィーナは障害練習をこなしていて、ムーンリットエルフはようやく他馬を抜くことを覚えた模様。
問題はラヴィッスマン。3歳になってようやくハッキングまで乗れるようになったと思っていたら、原因不明の右前跛行でパドック放牧に逆戻りとのこと。中央デビューには間に合いそうもないけど、どうなることやら…

2019.02.18

JGC修行はじめました

ご無沙汰しています。

サッカーでアウェイ遠征を繰り返し、野球でもたまにビジター見に行く生活をしていると、1年に10回ぐらいは飛行機使った旅行に出てるわけで。

あれ、これ、エアラインを1つにまとめて、もう少し頑張れば上級会員資格取れるんじゃね

と、思ってしまったので、2019年はJALのJGC修行をすることにしました。FC東京がACL出てくれれば、搭乗距離で狙ってもよかったけど今年も出場なし。JALは50回搭乗で資格が取れるので、こちらを狙うことに。

第一弾として、こないだの連休に沖縄でヤクルトのキャンプ見てきました。2回搭乗で1,968FLY ONポイントも。

回数修行のためには、あと48回も乗らないといかんので、飛び道具的なツアーに申し込みました。1泊2日で12回乗ります(笑)。これを含めて31回まではフライトが決まっているので、秋にこのツアーをもう一回やって、ヤクルトが日本シリーズ出てくれれば(相手はファイターズかホークスかバファローズで)、何とか50回行けると思うのですが…。

20190218_102534

2017.07.21

ルドルフィーナは日曜中京へ

 出走未定だったルドルフィーナは中京(日)9R「渥美特別」へ。鞍上は幸。芝2200は悪くない条件だと思うし、ここは降級戦だけど、なにせこの馬はやる気出すかどうかなのでね…。人気なければ買いでいいんじゃないでしょうか。

 キセキノケイフは函館に入厩済みで8/6の札幌芝1200が目標とのこと。なんとか札幌で中央初勝利を願っています。

 スズカゼは札幌へ移動済みで、7/30札幌「道新スポーツ杯」(芝1500)が本線で、同日の「クイーンステークス」(GⅢ、芝1800・牝)にも登録するらしい。今週の調教は動いたし、状態は上がっている模様。秋に向けてどっちを使うのかも注目ですな。

2017.07.15

2017年の一口馬主

 今年のユニオンですが、とりあえず2頭の出資を決めました。

 1頭目はゴールドアリュール×ナスケンアイリスの牡。1/200。桜井牧場生産で手塚厩舎予定。おじに今年の高松宮記念を勝ったセイウンコウセイがいる血統だけど、父と大きな馬体を見れば分かるようにダート向きなのは明らか。しかし、この馬がいち早く満口になるとは思わなかった。本当はじっくり成長を見てから出資したかったけどねー。

 2頭目はロードカナロア×ティックルピンクの牡。1/300。辻牧場生産で中内田厩舎予定。こっちは母を社台で1口持っていて現役時に不完全燃焼だったのを解消するために出資w 母は松田博厩舎で3歳4月の未勝利戦でデビュー勝ち。その後は月1ペースで3回使ったところで故障引退でした。繁殖に上がってからも注目していたところ、初仔のティックルゴールドが3勝。こないだプロキオンSで人気になったアキトクレッセントが5勝でオープン馬。3歳のアンジュデジールはディープ牝馬なのに交流重賞路線に乗って早くも古馬混合のG3スパーキングレディカップで優勝。個人的な法則だとちょっと上が走りすぎた感じがしますw

2016.06.29

入厩馬の近況

一口の馬が久しぶりに1つ勝つとブログも更新しようかという気持ちになるw

ルドルフィーナはここで休養の可能性もあったようだが、あの圧勝劇で調教師がやる気になった模様。16日の週か23日の週の中京ダ1800へ向かうらしい。小牧は乗ってくれるのだろうか…。そして16日の週で勝ったら、8/7のレパードS使ってくれないものかね?

スズカゼは調整ペースがちょっと落ちたので、予定を繰り下げて7/17の福島芝1200へ向かうことに。スタートセンスはありそうだったので、ここで変わり身があるといいけど。

2016.06.27

ルドルフィーナが2秒差で勝ったので

2second

ルドルフィーナが土曜の阪神4Rのダート2000mの未勝利戦で2着に2秒差をつける大差勝ち。レース時間はカイロプラクティックを施術されていて、リアルタイムに見てないのですが、JRA-VANのリプレイを見てびっくり。まさかの大差勝ちだったので、2010年以降に2秒差以上つけて新馬か未勝利を勝った馬を調べてみました。

思ったより少なくて、ルドルフィーナで11頭目。1年に2頭ぐらいしか出ないのでした。過去の10頭で重賞を勝ったのが、クロスクリーガー(レパードS・G3)とオースミイチバン(兵庫チャンピオンシップ・Jpn2、ダイオライト記念・Jpn2)。重賞連対があるのが、モンドクラッセ(東海S・G2)、オメガインベガス(関東オークス・Jpn2)。ゴールデンバローズはヒヤシンスS勝ちとUAEダービー(G2)3着。半分はオープン実績があるということで。

過去の傾向からは、悪くても準オープンまでは出世できそう。うまく行けば地方交流重賞路線に乗れる可能性もあるかと。

今は期待で踊っておけばいいのではないでしょうか(笑)

2016.06.24

ユニオンのセレクトツアー行ってきました

会員向けのプレゼントで全額無料になったので、久しぶりにユニオンのセレクトツアーへ行ってきました。10年ぶりぐらいかも。

初日は早朝に羽田集合で、新千歳空港から静内に移動して、募集馬を見学して、夜はパーティ。2日目はアロースタッド→ノーザンホースパーク→社台スタリオンというコース。

カタログとDVDの事前検討で目を付けていたのは、ロードカナロア×サイレントソニックの牝馬。手塚厩舎予定で募集価格は2000万円(10万円×200口)。あとは現地で様子見ながら選ぼうと。

18日は東京は真夏日だったようですが、静内は最高気温が18度。それも9時だったので、展示会が始まった頃はさらに気温が下がっていて涼しいというより寒い感じ。ペラペラのウインドブレーカー持っていって正解でした。

今年は牡馬、関東牝馬、関西牝馬という順で展示。牡馬はドリームジャーニー×プレッピーをちょっと見たけど、まだ小さくて成長待ちといった感じ。

で、サイレントソニックですが良かったです。初仔で小さいのは仕方ないけど、馬体のバランスはいいし、運動神経良さそうな身のこなしで、これなら大外しはないだろうと判断(笑)。ロードカナロア産駒も全般的に評判が良いらしいので、これは出資の方向で検討。

Untitled

その後も桜花賞馬チアズグレイス産駒とか、TCK女王盃を勝ったハルサンサン産駒なんかもチェックしましたが、そこまではピンと来ず。

大トリに出てきたのがディープインパクト×メイデイローズの牝馬。募集価格は4800万円(12万円×400口)で中内田厩舎予定。どこがいいとか悪いとかじゃなくて、他の馬とは全体から感じられる迫力が違う。本当に走るかどうかはわからないけど、夢を買うならこれかなと。高いので事前検討の対象からは完全に外れていたのですが。ユニオンでディープインパクト産駒が募集されるのは、種付け料が3000万円を超えた現状では、関係者によるとこれが最後かもしれないとのこと(笑)。

Untitled

ということで、1次申し込み期間の応募状況をチェックしてたのですが、この2頭はやっぱり人気になってました。ユニオンはほとんどの馬が2歳春までじっくり選べるのがいいところなのですが、この2頭に関してはそれは無理みたいです…。

«東京体育館

Googleで検索



Amazon


一口出資している馬

無料ブログはココログ